国際結婚 入国管理局の申請手続き

 行政書士みなと国際事務所

〒231-0004 横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル7F 電話045-222-8533

国際結婚と配偶者ビザについて役立つ情報を提供しています

入国管理局の手続きの専門行政書士事務所です。

適法に配偶者ビザの取得手続きを代行します。

~ご夫婦の人生を左右する大切な手続きです~

国際結婚と入国管理局の手続きはおまかせください。

 私の事務所に1本の電話がかかってきました。「ありがとうございます。本当にありがとうございました。」電話の主は、泣きながら何度も何度も私にお礼を言ってくれるのです。
「私は、ビザ手続きのお手伝いをしただけですから。あきらめず誠実に対応を続けたあなたの努力の結果ですよ。」そう言っても、彼は、「ありがとうございます。」の言葉を続けました。
 依頼主である彼は、外国人の方と結婚しました。いろいろな事情でなかなか良縁に恵まれず、結婚を半ばあきらめかけていた彼にとって、その女性との出会いは、人生最大の春が訪れたようだと語っていました。しかし、結婚後、日本で暮らすために入国管理局へ配偶者ビザの認定証明書交付申請を行いましたが、結果は「不許可(不交付)」。何度申請しても許可されません。
 
 不許可の理由は、「偽装結婚ではないか」と、疑われたことにあったようです。困り果てた彼は、私の事務所の門を叩いたのです。
  
 確かに国際結婚の経緯を見ると、偽装婚ではないかと疑われる要因もありました。実は私も疑っていました。「この案件、断ろう。」そう考えた私ですが、依頼主である彼と両親から懇願され、熱意に負けた私は、彼に対するインタビューと調査を開始しました。

 その結果、二人の結婚は真剣なものだと確信した私は、入国管理局に対する書類を作り上げ、提出したのです。

 私の事務所には、実にいろいろな相談や依頼が舞い込んできます。国際結婚にまつわるものはもちろん、外国人を採用したい企業の方や留学生、外国人を支援するNPOの方など実に様々です。

 時には、ビザ申請が不許可になることもあります。「日本で暮らしたい。」そう希望されても、日本の入管法で在留が認められないこともあります。

 ですが、私の事務所においでいただいた多くの方は、無事にビザ(在留許可)を取得し、日本で暮らしておられます。以前、ビザ申請のお手伝いをした方から、「赤ちゃんが生まれたよ」「就職が決まった」などのお便りを頂くこともあります。

 
次はあなたの番です。一日でも早く奥様と一緒に暮らせるよう、全力でバックアップします。

大人の国際結婚をお手伝いしています

 海外駐在中に知り合った、インターネットで知り合った。結婚をして早く配偶者を呼び寄せたいが、忙しくてなかなか時間がとれない…

 そんな悩みをお持ちでしたら、是非、ご相談・ご依頼ください。できる限りお客様の負担を少なく、かつ早く手続きが完了するようにお手伝いいたします。

ご相談においでください

 入国管理局の手続きは、複雑かつ多くの問題を抱えている場合が多いため、私どもは必ずお客様とお会いし、詳しくお話をお伺いしてから回答・受任いたします。
 ご相談・ご依頼の際にはお手数ですが、ご予約の上、事務所までお越しください。
 特に不許可の場合の対応方法などは現状を確認したうえで、具体的なアドバイスを提供しています。

ご相談にいらっしゃれば、このようなお話をします。

国際結婚の手続きについて・・・国際結婚の手続きは、お相手の方の国籍、婚姻の手続きを行う場所、婚姻歴の有無などにより異なります。細かい提出書類の種類・部数などは婚姻挙行地機関に直接お問い合わせいただくことをお勧めしていますが、手続きの概要、婚姻手続きを行う場合の注意点をお話しています。

入国管理局への手続きについて・・・外国人配偶者の方が日本で生活するために必要な配偶者ビザの手続きについて、プロの行政書士が適法かつ迅速な方法をアドバイスいたします。また、過去に虚偽申告等を行ってビザが許可されないケース等について、救済方法をアドバイスします。

不法滞在・退去強制手続きについて・・・日本に不法に滞在している(オーバーステイ・不法入国)外国人の方との国際結婚手続き・配偶者ビザ取得の方法、出国命令や退去強制手続きで帰国している外国人配偶者の早期呼び寄せ(上陸特別許可)について、適法な方法をアドバイスします。

在留期間の更新、永住資格の取得、日本国籍の取得(帰化申請)について・・・配偶者ビザの許可の可能性、入国管理局や法務局での手続き、必要書類等をアドバイスします。

ご依頼いただいた場合のお見積り額・・・依頼するかどうかは、見積もりを見てから、家に帰ってゆっくり検討していただいてかまいません。

 5,400円のご相談料をいただいています。申し訳ございませんが無料相談・電話やメールでの相談は、行っておりません。しかし、相談料に見合った、貴重な情報やノウハウを提供しています。ご相談に対応できなかった場合には、相談料はいただきませんので、安心しておいでください。

クービック予約システムから予約する

偽装結婚は犯罪です

 偽装結婚は犯罪です。在留資格を取得するために、結婚の意思がないのに婚姻届けを提出すると「公正証書原本不実記載等」の罪に問われ、5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられます。

 また、在留資格の申請において、虚偽の申告をすることも「公正証書原本不実記載等」の罪に問われる可能性があります。

 

 在留資格の手続きは、安易な気持ちで行った行為が、後日重大な問題に発展することが少なくありません。あなたを利用し、違法な行為へ陥れようとする人もいます。そのようなトラブルを少しでも回避するためにも、弊事務所のサービスをご利用ください。

土曜日も営業中
馬車道駅からのアクセス

活動実績

■ 取材

 NHK首都圏放送センター (帰化申請について)

 NHK横浜放送局     (帰化申請について)

 

■ 寄稿

 近代中小企業  (外国人労働者の雇用のポイントについて)

 週刊SPA! 

 

■ 講演

 横浜商工会議所西支部  (在留資格・ビザの仕組みについて)

 横浜市北倫理法人会   

2014年2月20日放送

■ テレビ出演

 フジテレビ スーパーニュース

(国際結婚・入国管理局の手続きについて)

2009年6月18日放送

■ テレビ出演

 フジテレビ スーパーニュース  

(国際結婚・配偶者ビザについて)

 

2009年1月15日放送

■ テレビ出演

 フジテレビ とくダネ!     

(在留特別許可について)

 

 

2008年10月21日放送

■ テレビ出演

 日本テレビ News リアルタイム  

(偽装結婚・入国管理局の対応について)

■ テレビ出演

 テレビ東京 ヨソで言わんとい亭

許可取得まで責任をもって対応をいたします

 みなと国際事務所では、申請が不許可になった場合でも返金等は致しません。ただし、お客様からの虚偽の申告があった場合を除いて、許可取得まで無料で再申請を行います。

 

※ 不許可になりやすいケース

 1 交際期間が短い。

 2 お互いに言葉が通じない。

 3 結婚紹介所を通じての結婚。

 4 インターネットサイトを通じて知り合った。

 5 日本人配偶者に安定した収入がない。

 6 夫婦間の年齢差が大きく、一方が高齢だ。

 

 これらに限りませんが、「日本人の配偶者等」の在留資格の申請が不許可になることは珍しくありません。在留資格の審査は、国際結婚の信ぴょう性や安定性のみならず、外国人の方が日本に入国することが妥当かどうかを審査の対象としますので、弊社が手続きを代行した場合であっても、一度目の申請で必ず許可を取得できる保証があるわけではありません。だからこそ、安心してご依頼いただけるように、許可取得まで、追加費用なしで再申請を行います(印紙代、郵券等の実費は除く)。

国際結婚と在留資格の手続きについて

 国際結婚やビザの手続きは、複雑です。相手の方の国によって結婚手続きは全く異なりますし、外国人の方が日本で暮らすためには、別途、入国管理局や在外公館での手続きが必要です。
手続きをスムーズに進めていくためには、事前の情報収集や専門家の活用が必要です。

結婚の手続き

 国際結婚手続きは、私たち行政書士であっても代理で手続きをすることはできません。
代理手続きが制度として不可能な場合もありますし、なにより「婚姻」という重大な身分関係の手続きを第三者が行うことは、人身売買などの不法行為を排除する意味でも、するべきではありません。しかし、国によって婚姻手続きは異なり、またご夫婦の置かれた状況によってもなすべき手続きは異なります。国際結婚に向けてどのような方向で手続きを進めていくべきかというアドバイスを私たちは行っています。

 国際結婚手続きにおいては、大使館、外国の役所、日本の市区町村役場・法務局など様々な機関の手続きを必要とします。それぞれの機関で要求される書類は様々であり、同じ国の手続きであっても、窓口が異なれば必要書類は異なる場合があります。

 具体的な必要書類については、手続きを行う予定の機関に直接確認されることを、強くお勧めしています。

配偶者の在留資格・ビザの手続き

 外国人配偶者の方と日本で暮らしたいとお考えの場合、法務省の入国管理局と、外務省所属の在外公館での手続きが必要となります。


 配偶者として日本に入国する場合には、入国前に外国にある日本大使館等(在外公館)でビザ(査証)を取得しなければなりません。ビザ取得のためには、在外公館への申請の前に、入国管理局で「在留資格認定証明書」を取得しなければなりません。
 入国管理局への申請は、日本人配偶者が、外国人配偶者の代理人として手続きを行います。

 入国管理局は、外国人に対し入国・在留を許可するとともに、不法入国者や不法滞在者を取り締まる業務を行っている官庁です。在留資格認定証明書の申請審査では、その国際結婚が法律上成立しているかどうかは当然、実態を伴った結婚かどうか、外国人に不法入国の意図がないか、上陸を認めることが妥当かどうかなどについても調査が行われます。
 事情や経緯によっては、本当の結婚であっても、在留資格認定証明書が交付されないこともあります。

 

 すでに日本に滞在されている外国人の方との結婚の場合でも、在留資格の変更(日本人の配偶者等の在留資格の取得)の審査においては、結婚の信ぴょう性や安定性のほか、これまでの在留状況を鑑みて、在留資格の変更を認めることや引き続き日本での滞在を許可することが妥当かどうかについて判断の対象となります。


 行政書士や弁護士のうち、入国管理局へ届出を行っている者は、入国管理局への手続きを代理して行うことができます。(法律の規定により、申請書や理由書等の提出書類の作成は、行政書士または弁護士でなければ行うことはできません。)

 

 在留資格の申請は、入国管理局で案内をされている必要書類を揃えれば許可されるという申請ではありません。弊事務所にご依頼いただいた場合も、様々な証明書や資料をご用意いただいたり、質問にお答えいただいたりしています。


 特殊な事情をお持ちの方はもちろん、早く確実に国際結婚の手続きやビザの取得を行いたいとお考えの方は、行政書士に手続きを依頼されています。

みなと国際事務所のサービス

Q 「みなと国際事務所に依頼すると、どのようなことをサポートしてくれるのですか?」
 
A 主に入国管理局へ対する申請手続きの代理・支援(配偶者ビザの取得)を行っています

ご相談
 まずは、ご相談においで下さい。外国人の方、日本人配偶者の方のほか、親族の方が代わりにおいでになってもかまいませんが、必ず事情をよく知っている方がおいで下さい。また、ご相談の際に、申請するご本人がいらっしゃらなかった場合でも、後日必ず、申請するご本人と打ち合わせをさせていただいています。
 申請意思の確認のため、最低一度は、私どもの事務所においでいただいています。
 相談にいらっしゃった際には、ビザ申請に必要な書類と取得の方法、申請手続きの流れ、費用の見積もりなどをご説明いたします。

ご依頼・ヒアリング
 ご依頼の場合には、申請書類作成に必要な事項のご質問をさせていただきます。また、あらためて費用の見積もりおよびお支払方法をご案内いたします。受任後のキャンセルは原則としてお受けいたしませんので、よく考えてから、ご依頼下さい。やむを得ない事情による場合には、キャンセルをお受けいたしますが、その際には、手続きにかかった費用の実費および規定のキャンセル料をご請求させていただきます。

必要書類の収集
 ご案内した必要書類を集めて、こちらへお送り下さい。お客様に集めていただく書類は、「本人でなければ手に入れることのできないもの」と、「官公庁から取り寄せる証明書」です。「官公庁から取り寄せる証明書」については、私たちが代理で取得できますが、費用その他の理由により、ご自身での取得をお願いする場合もあります。詳細は、ご相談にいらっしゃった際に、ご説明させていただきます。

申請書・付属書類の作成
 お預かりした書類を基に申請書類等を作成いたしますが、ご本人にお聞きしなければ分からない点もあります。極力、電話やFAX、メール等を利用して、お客様の負担が少なくなるよう配慮いたします。
 申請書類・付属書類は膨大な量となります。過去の入国歴や婚姻歴について記載したり資料を揃えたりと、申請の準備は一朝一夕にはできません。お客様にも何度か、書類のご確認をお願いすることとなります。

費用・報酬のお支払い
 原則として着手金はいただきません。申請書類の作成中に請求書を発行しますので、報酬・費用は、申請日までに全額お振込み下さい。ご入金を確認したうえで、入国管理局で申請を行います。特に分割払いをご希望の方は、ご依頼の際にお申し出ください。
 報酬額は、料金一覧に記載されているとおりです。申請の難易度で料金が変動することはありません。

申請当日
 申請(入国管理局への申請)は、行政書士が行います。原則としてお客様に入国管理局へ行っていただく必要はありません。

良くあるご相談

 

 「自分で申請を行ったら不許可になりました。再申請を引き受けてもらえるでしょうか?」

 

 結婚手続き後、入国管理局のホームページを見ながら書類を準備して自分で申請を行った。しかし、不許可になってしまった。・・・よくあるご相談の内容です。

 

 ご自身で申請をされて不許可になったケースであっても、弊社でお引き受けをすることは可能です。遠慮なくご依頼ください。

 

 ただし、一度不許可になった申請ですので、審査期間は長くなります。また、不許可の理由によっては、準備に時間を要することもございます。

 

 また、紹介による結婚の場合によく見かけるのが、「事実と異なった内容を申請書に記載している」ケースです。例えば、インターネットサイトを通じて知り合ったお二人なのに、旅行中に偶然出会ったなどと申請書に記載をしている場合などが挙げられます。

 「こういう風に記載をすると許可されない」などという噂に惑わされて記載をしている場合がほとんどなのですが、入国管理局は虚偽の申告を非常に嫌がります。一度虚偽申告をすると、再申請で正しい申請をしても、なかなか許可がされません。

 

 費用はかかりますが、できる限り最初から私たちに依頼をされることをお勧めします。私たちは決して事実と異なることを申請書に記載をすることはできませんが、少しでも早く許可がされるようにアドバイスを行います。特に外国人配偶者の方が日本にいないケースの場合、外国人配偶者が留学生の場合や再婚の場合は、注意しなければならないポイントが数多くあります。

事務所所在地

事務所所在地 

 

神奈川県横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル7F

 

最寄り駅 みなとみらい線「馬車道」駅 6番出口

  みなとみらい線路線案内(横浜高速鉄道HP)

電話での相談予約

電話番号 045-222-8533

電話受付時間 月-金 10:00~18:00

 お電話の際には、「相談の予約」とお伝えいただき、

 ・ ご希望の相談日時

 ・ お客様のお名前、電話番号

 ・ 相談の内容(概要で結構です)

 を、あわせてお伝えください。

メールでの相談予約

メモ: * は入力必須項目です

ホームページからの相談予約

クービック予約システムから予約する

行政書士みなと国際事務所

〒231-0004 横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル7F 電話045-222-8533

ホームページからも予約ができます

クービック予約システムから予約する

予約の空き状況も確認できます

事務所案内
事務所の案内パンフレットです。印刷してご利用ください。
spouse3710.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 140.8 KB

お電話をいただくお客様へ

 弊事務所の行政書士およびスタッフは打ち合わせや法務局での申請手続き、申請書類の作成など多くの業務を抱えており、また電話も回線がふさがることが多く、お電話をいただいても通じない場合がございます。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、しばらく時間をおいておかけ直しいただきますよう、ご協力をお願いいたします。

行政書士法人みなと国際事務所 行政書士宮本哲也

事務

所名

行政書士

みなと国際事務所

設立日 2002年06月
代表者 宮本 哲也

登録

番号

02093190

登録

年月

2002年06月
所在地

横浜市中区元浜町
3-21-2

ヘリオス関内ビル

電話

番号

045-222-8533
FAX 045-222-8547

所属

団体

神奈川県行政書士会
横浜商工会議所

ご相談においでください

 入国管理局の手続きは、複雑かつ多くの問題を抱えている場合が多いため、私どもは必ずお客様とお会いし、詳しくお話をお伺いしてから回答・受任いたします。
 ご相談・ご依頼の際にはお手数ですが、ご予約の上、事務所までお越しください。
 特に不許可の場合の対応方法などは現状を確認したうえで、具体的なアドバイスを提供しています。

面談相談対応時間

月ー金 10:00~20:00

 

土曜日 10:00~15:00

 

(予約制です。平日10:00~18:00にお電話またはメールでご予約をお願いします。)

FACEBOOK

お客様の声