婚姻要件具備証明書の認証

日本人と中国人が、中国で結婚手続きをするときに必要な手続きの説明です


このページは、日本人が「独身であることを証明する書類」の説明です。

  日本人が「独身であり、日本の法律上結婚することに支障がない」ことを証明する書類として戸籍謄本があります。

 しかし、戸籍謄本は市区町村役場の長が発行するものであり、そのままでは外国の機関の職員が「本物なのかどうか」、さらには記載されている内容について把握することができません。

 ですから、外国で結婚する時に、外国の結婚手続きを行う職員に対して、「私は日本の法律上、結婚することに支障がありませんよ」ということを証明するために、婚姻要件具備証明書を提出します。

 中国で結婚する場合には、日本人の方の「婚姻要件具備証明書」を準備します。(お相手の中国人の方は、中国の戸口簿で独身であることを証明します)

 婚姻要件具備証明書は、在外公館(大使館や領事館)で発行してもらうことができますが、領事館から離れた地方で結婚する場合や、中国に滞在できる期間が短い場合には日本国内で婚姻要件具備証明書を作成して、渡航することをお勧めします。

 中国政府に提出する婚姻要件具備証明書は、法務局(地方法務局)長が発行した婚姻要件具備証明書に、日本国外務省と、日本にある中国大使館の領事の認証を添付する必要があります。
また、離婚歴や死別歴がある場合には、離婚届・死亡届の受理証明書に、外務省と中国大使館の認証を受けて一緒に中国へ持参する必要があります。

 法務局で婚姻要件具備証明書を発行してもらうためには、まず市区町村役場で戸籍謄本を発行してもらってください。
 

※「婚姻要件具備証明書」は、法務局で発行してもらいます。
※「離婚届(死亡届)受理証明書」は、離婚届(死亡届)を提出した市区町村役場で発行してもらいます。


 外務省(霞が関)の認証(公印確認)と、中国大使館(東京都港区)での認証手続きは、私たちにおまかせください。ただし、通常2~3週間の時間を要しますので、お早めにお申し込みください。

※認証手続きの終わった書類(婚姻要件具備証明書等)を中国に持っていき、結婚手続きを行います。


外務省・中国大使館の認証手続き代行

認証手続きを御依頼の際には

 あらかじめお電話またはメールで、来所のご予約をお願いします。

 

・ 法務局で発行してもらった婚姻要件具備証明書

・ 離婚届受理証明書 死亡届受理証明書(離婚歴・死別歴がある場合)

・ 日本人配偶者の方の運転免許証

  運転免許証が無い場合は、パスポートと住民票

  以上の書類を持参してください。

 

※ 遠方のお客様には郵送で対応いたしますが、上記の書類をお送りいただく前に、必ず電話かメールでご連絡をお願いします。

 

※ 市役所等で発行してもらった婚姻要件具備証明書(独身証明書)は、中国での結婚手続きには使用できません。


認証手続きの流れ

本籍地の市区町村役場で戸籍謄本を取得してください。

離婚歴や死別歴がある方は、離婚届等を提出した市区町村役場で、「離婚届受理証明書」「死亡届受理証明書」を取得してください。

戸籍謄本と運転免許証などの身分証明書印鑑をもって、法務局(地方法務局・支局)の戸籍課の窓口で「婚姻要件具備証明」を発行してもらってください。

お電話でご予約のうえ、

・婚姻要件具備証明書

・離婚届(死亡届)受理証明書

・身分証明書(運転免許証)

を、弊事務所に持参ください。

運転免許証のない方は、住民票とパスポートをお持ちください。

遠方の方で郵送される方は、

・婚姻要件具備証明書(原本)

・離婚届(死亡届)受理証明書(原本)

・身分証明書(運転免許証)(コピー)

をお送りください。

請求書を発行いたしますので、お振込みまたは現金でお支払いをお願いします。

 

また、事務所にお越しの際には、結婚手続きの手順、必要書類、注意点、在留資格認定証明書交付申請に必要な準備についてご説明いたします相談料は必要ありません)。

 

在留資格認定証明書交付申請をご依頼のお客様は、お申し出ください。この時に申請に必要なヒアリングを行います(ヒアリングが終われば、再度、事務所に来ていただく必要はありません)。

弊事務所で外務省の公印確認の手続きと中国大使館の認証手続きを行います。

また、中国語への翻訳をご希望の方は、翻訳も承ります。

通常手続きには2週間を要します。出発までに時間の余裕のない方や、海外への送付をご希望の方はあらかじめご連絡ください。

納品は、書留郵便または宅急便にて行います。事務所での手渡しをご希望の方は、お申し出ください。


認証手続きの代行費用

外務省の認証代行

 16,200円

中国大使館での認証代行 

1通当たり16,200円

中国文への翻訳

 1通当たり3,240円

  • 上記の代行費用には、中国大使館・ビザセンターに納付する手数料も含まれています。
  • 郵送での納品をご希望の場合は、送料510円のご負担をお願いします。
お見積もりの例(日本人に離婚歴がある場合)  
外務省認証(婚姻要件具備証明書と離婚届受理証明書) 16,200円
中国大使館認証(婚姻要件具備証明書) 16,200円
中国大使館認証(離婚届受理証明書) 16,200円
日本語訳(婚姻要件具備証明書と離婚届受理証明書) 6,480円
送料 510円

中国大使館の認証がついた翻訳が必要な場合

 婚姻登記を行う役所によっては、中国大使館の認証の付与された中国語の翻訳文を要求される場合があります。

 この場合、弊事務所で作成した翻訳文に認証を付与して納品することが可能です。

 

費用:

 翻訳費用 1通当たり3,240円

 公証人費用 1通当たり11,500円

 公証人取付手数料 5,400円

 中国大使館認証費用 1通当たり16,200円


 お振込先口座情報

 

横浜銀行 関内支店(310) 

普通 口座番号 1176659 口座名義 ギョ)ミナトコクサイジムショ

 

ジャパンネット銀行 本店営業部(001)

普通 口座番号 6684111 口座名義 ギョ)ミナトコクサイジムショ


ご協力をお願いします

  弊社では国際結婚や入国管理局の手続きについて大変多くの方にご相談・ご依頼をいただいております。ご相談にいらっしゃる方の多くは、大変複雑な問題を抱えていらっしゃる場合が多く、特に初回のご相談については、原則として、弊社の代表行政書士の宮本が対応させていただいております。
 
 一人ひとりのお客様の抱える問題点を確認し、よりよい解決方法を提案させていただくためには、お客様だけのために時間を確保する必要がございます。

 「ちょっとだけ質問したい」と、お電話をいただくことがあります。資格を有する行政書士の手が空いている時は極力、お答えするよう努めてきましたが、お電話でのご質問に対応していると非常に時間を取られ、他のお客様、特に申請を依頼されているお客様の手続きが遅れてしまうという問題が生じてまいりました。

 ご依頼いただいているお客様の手続きを迅速に進めるため、また、誤ったアドバイス等をしてしまうことを防止するため、弊社では電話での相談は行いません
事務所に来ていただいて、詳しく状況を確認し、お客様のご希望をよく確認したうえで、適法な手続きをアドバイスいたします。また、他人によるなりすましなどを防ぐため、ご依頼の場合も必ず一度、弊社に来ていただくよう、お願いいたします。

在留資格認定証明書交付申請の依頼を予定されているお客様へ

 中国での結婚手続き後に、在留資格認定証明書の交付申請を依頼されることをご予定のお客様は、認証手続きのご依頼の際に、その旨をお伝えください。

 認証手続きのご説明とともに、在留資格認定証明書の交付申請に必要な説明とヒアリングを行います。

 ヒアリングを行えば、結婚後に改めて弊事務所にお越しいただくことなく、在留資格認定証明書の交付申請を受任いたします。

 お仕事のお忙しい方や、遠方のお客様は、ぜひご活用ください。


 事務所所在地 

 

  神奈川県横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル7F

 

最寄り駅 

 

  みなとみらい線「馬車道」駅 6番出口

  みなとみらい線路線案内(横浜高速鉄道HP)

 横浜事務所へのアクセス


〒231-0004 神奈川県横浜市中区元浜町3丁目21番地2 ヘリオス関内ビル7F

 みなとみらい線「馬車道」駅6番出口 徒歩3分
  渋谷から 東急東横線 「元町中華街」行き

  みなとみらい線路線案内(横浜高速鉄道HP)

 JR根岸線「関内」駅北口 徒歩7分 京浜東北線に接続
  横浜駅で乗り替え 東海道線総武・横須賀線横浜線 京浜急行線

 横浜市営地下鉄「関内」駅 徒歩5分


認証手続きのご依頼の予約・ご相談について

 弊社でのご相談は、予約制 有料となっております。

 

お電話、またはメールでご相談のご予約をお願いします。

土曜日のご予約は、前日までにお願いします。

 

【面談相談】   

横浜事務所 相談料 1時間 5,400円 (予約制) 

 

営業時間

面談相談は  月-金 10:00~20:00 土 10:00~15:00 

お電話は   月-金 10:00~18:00

 ご相談にいらっしゃれば、このようなお話をします。

  • 国際結婚の手続きについて・・・国際結婚の手続きは、お相手の方の国籍、婚姻の手続きを行う場所、婚姻歴の有無などにより異なります。細かい提出書類の種類・部数などは婚姻挙行地機関に直接お問い合わせいただくことをお勧めしていますが、手続きの概要、婚姻手続きを行う場合の注意点をお話しています。
  • 入国管理局への手続きについて・・・外国人配偶者の方が日本で生活するために必要な配偶者ビザの手続きについて、プロの行政書士が適法かつ迅速な方法をアドバイスいたします。ご夫婦のご結婚までの経緯や、外国人配偶者の方の経歴などをもとに、それぞれのお客様に必要なアドバイスをいたします。また、問題を抱えておられる方に対しては救済方法をアドバイスします。
  • 結婚手続きと配偶者ビザの取得手続きは、まったく別の手続きです。結婚手続きをしても、自動的にビザが許可されるわけではありません。
  • 不法滞在・退去強制手続きについて・・・日本に不法に滞在している(オーバーステイ・不法入国)外国人の方との国際結婚手続き・配偶者ビザ取得の方法(在留特別許可)、出国命令や退去強制手続きで帰国している外国人配偶者の早期呼び寄せ(上陸特別許可)について、適法な方法をアドバイスします。
  • 在留期間の更新永住資格の取得日本国籍の取得(帰化申請)について・・・配偶者ビザの更新、永住許可の取得の要件や可能性、帰化申請について法務局での手続きや必要書類等をアドバイスします。
  • ご依頼いただいた場合のお見積り額・・・依頼するかどうかは、見積もりを見てから、家に帰ってゆっくり検討していただいてかまいません。

 5,400円のご相談料をいただいています申し訳ございませんが無料相談・電話やメールでの相談は、行っておりません。しかし、相談料に見合った、貴重な情報やノウハウを提供しています。ご相談に対応できなかった場合には、相談料はいただきませんので、安心しておいでください。
法務局での婚姻要件具備証明書の交付申請を代行することはできません。(ご本人の出頭が必要です) 
中国の方が日本で結婚する場合の婚姻要件具備証明書(駐日大使館で発行されるもの)の取得代行はできません。 (ご本人の出頭が必要です)

電話でのご予約

電話番号 045-222-8533

話受付時間 月-金 10:00~18:00

 お電話の際には、「相談の予約」とお伝えいただき、

 ・ ご希望の相談日時

 ・ お客様のお名前、電話番号

 ・ 相談の内容(概要で結構です)

 を、あわせてお伝えください。

メールでの来所予約はこちらから

メモ: * は入力必須項目です

クービック予約システムから予約する


行政書士みなと国際事務所

〒231-0004 横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル7F 電話045-222-8533


(参考)日本人の方が海外で結婚する場合の婚姻要件具備証明書について

  日本人の方が日本国外で結婚する場合、結婚手続きを行う外国の役所に、日本人の方の独身証明書(婚姻要件具備証明書)を提出する必要があります。

 

 この婚姻要件具備証明書は、海外にある日本大使館・総領事館でも発行してもらうことができます。詳細は大使館・総領事館のホームページで案内されています。

 

【必要書類】

 

 日本人の方の戸籍謄本が必要です。

 

 なお、婚姻歴のある方は、戸籍謄本に前婚の婚姻及び婚姻解消(離婚等)の事実が記載されていることを確認してください。

 記載されていない場合は、その事実の記載があるまで遡って改製原戸籍または除籍謄本もご用意ください。 

 初婚の方につきましても分籍などにより、申請者本人が戸籍の筆頭者になっている場合には、過去の婚姻歴が無いことを確認しますので、戸籍が編製された理由(分籍等)の事実が記載されていることを確認してください。

 記載されていない場合は、その事実の記載があるまで遡って改製原戸籍または除籍謄本もご用意ください。 

 上記の確認ができない場合には、婚姻要件具備証明書を発給できませんのでご注意ください。

 

 その他、パスポートや結婚相手の方の身分を証明する書類が必要です。

国によって必要書類は異なりますので、事前にご確認をお願いします。

在アメリカ合衆国日本国大使館 http://www.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在中国日本国大使館 http://www.cn.emb-japan.go.jp/index_j.htm

在オーストラリア日本国大使館 http://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在英国日本国大使館 http://www.uk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在タイ日本国大使館 http://www.th.emb-japan.go.jp/

在カナダ日本国大使館 http://www.ca.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在ブラジル日本国大使館 http://www.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在ドイツ日本国大使館 http://www.de.emb-japan.go.jp/nihongo/

在フランス日本国大使館 http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

在韓国日本国大使館 http://www.kr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在シンガポール日本国大使館 http://www.sg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在マレーシア日本国大使館 http://www.my.emb-japan.go.jp/Japanese/

在フィリピン日本国大使館 http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在ベトナム日本国大使館 http://www.vn.emb-japan.go.jp/index_jp.html

在インドネシア日本国大使館 http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html

在ロシア日本国大使館 http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/

交流協会台北事務所 https://www.koryu.or.jp/taipei/ez3_contents.nsf/Top


(参考)外国人の方が日本の区役所に婚姻届を提出する場合

 外国人の方が日本に居住している日本人と日本で結婚する場合は、市区町村役場に婚姻届を提出します。

  その際、市区町村役場の窓口では、「外国人の方の婚姻要件具備証明書を持ってきてください」と指示されます。

  外国人の方の婚姻要件具備証明書は、通常、日本にある大使館・総領事館で発行されます。必要書類、手続きの方法は、各国の大使館にご確認ください。

 アメリカ大使館 https://japanese.japan.usembassy.gov/

中国大使館 http://www.china-embassy.or.jp/jpn/

オーストラリア大使館 http://japan.embassy.gov.au/

英国大使館 

 https://www.gov.uk/government/world/organisations/british-embassy-tokyo.ja

タイ大使館 http://www.thaiembassy.jp/rte1/

カナダ大使館 http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/index.aspx?lang=jpn

ブラジル大使館 http://cgtoquio.itamaraty.gov.br/ja/

ドイツ大使館 http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/Startseite.html

フランス大使館 http://www.ambafrance-jp.org/-Japonais-

韓国大使館 http://jpn-tokyo.mofa.go.kr/worldlanguage/asia/jpn-tokyo/main/

シンガポール大使館

 https://www.mfa.gov.sg/content/mfa/overseasmission/tokyo/jp.html

マレーシア大使館 http://www.kln.gov.my/web/jpn_tokyo/home

フィリピン大使館 http://tokyo.philembassy.net/ja/

ベトナム大使館 http://www.vnembassy-jp.org/ja

ロシア大使館 http://www.russia-emb.jp/japanese/

交流協会東京事務所 https://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/Top