申請実績(日本人の配偶者等)

在留資格認定証明書交付申請・在留資格変更許可申請

「日本人の配偶者等」

 

  日本で結婚され、短期滞在から在留資格の変更手続きを行いました。


「日本人の配偶者等」

 

 広島県の方からのご依頼でした。ご自身で申請をされて不許可となり、弊社で申請を行いました。


「日本人の配偶者等」

 

 横浜市在住の方からのご依頼でした。申請から10日程度で許可されました。



「日本人の配偶者等」

 都内在住の方からのご依頼でした。日本で結婚され、短期滞在から在留資格の変更を行いました。

 


「定住者」

 

 都内在住の方からのご依頼でした。奥様の子供の呼び寄せ。ご自身で2回申請をされ、いずれも不許可となっていたものです。


「日本人の配偶者等」

 横浜市在住の方からのご依頼でした。日本で結婚され、短期滞在からの変更でした。申請から2か月を要しました。

 


「日本人の配偶者等」

 

 横浜市在住の方からのご依頼でした。後結婚前から弊社でアドバイスをさせていただいていました。申請から2週間程度で許可されました。


「定住者」

 

 日本人と結婚をされたお母さんと一緒に来日されました。

 


「日本人の配偶者等」

 

 都内在住の方からのご依頼でした。留学の在留資格からの変更手続き。

 


「日本人の配偶者等」

 

 岩手県在住の方からのご依頼でした。ご自身で申請をされ不許可となられていました。



「日本人の配偶者等」

 

 栃木県在住の方からのご依頼でした。ご自身で申請をされ不許可となっておられました。申請から許可まで3ヶ月半を要しました。


「日本人の配偶者等」

 

 神奈川県内にお住まいの方からのご依頼でした。申請から2週間余りで許可されています。


「日本人の配偶者等」

 

 横浜市内にお住まいの方からのご依頼でした。日本で結婚後、一旦帰国をされました。申請から2週間程度で許可されています。


「日本人の配偶者等」

 

 都内在住の方からのご依頼でした。過去に日本人と結婚をされ、申請が不許可になった経歴がおありでしたので、慎重な審査がなされました。


「日本人の配偶者等」

 

 横浜市在住の方のご依頼でした。日本への居住歴あり。


「日本人の配偶者等」

 

 横浜市在住の方からのご依頼でした。本国の結婚証明書に誤記があり、修正手続きに6か月を要しました。


「日本人の配偶者等」

 

 横浜市在住の方からのご依頼でした。申請から2週間で許可されました。


「日本人の配偶者等」上陸特別許可

 

 群馬県在住の方からのご依頼でした。過去に3回申請され、不許可になっておられました。


「日本人の配偶者等」

 

 都内在住の方からのご依頼でした。申請から1か月で許可されています。


「日本人の配偶者等」

 

 横浜市在住の方からのご依頼でした。ご自身で申請をされ不許可になっておられます。申請から2か月を要しました。


「日本人の配偶者等」

 

 神奈川県内にお住まいの方からのご依頼でした。申請から2週間程度で許可されています。


「日本人の配偶者等」

 

 横浜市在住の方からのご依頼でした。申請から10日ほどで許可されています。


「日本人の配偶者等」

 

 山口県在住の方からのご依頼でした。ご自身で申請をされ不許可、弊社で申請をしてから許可まで6か月を要しました。


経営する店の面接に訪れた女性と結婚、申請から1か月で在留資格の変更許可。30歳の年齢差。

(2004年 横浜入管)

 

帰化した日本人との結婚。中国で結婚後、在留資格認定証明書の申請を行い、1か月で交付されたケース。その後、連れ子も来日し、一緒に日本に帰化。

(2004年 横浜入管)

 

10か月の交際を経て結婚。交際中に在留期間更新が認められず帰国。在留資格認定証明書の申請を行い、2回目の申請で交付されたケース。

(2005年 横浜入管)

 

紹介者を通じて知り合い、2年の交際を経て結婚。

(2006年 横浜入管)

 

勤務先で知り合い、日本で結婚。留学生としての在留状況がよくないためいったん出国して在留資格認定証明書の申請を行い、1か月で交付されたケース。

(2006年 横浜入管)

 

結婚紹介所を通じて知り合い結婚。留学生としての在留状況がよくないためいったん出国して在留資格認定証明書の申請を行い、1か月で交付されたケース。

(2007年 横浜入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、2回目の対面で結婚。その1か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、1か月で交付されたケース。

(2007年 横浜入管)

 

中国の取引先の担当者の紹介で知り合い結婚。交際期間2年、年齢差30歳。在留資格認定証明書の申請を行い、1か月で交付されたケース。

(2008年 東京入管)

 

研修生として来日、途中で逃亡。不法就労中に知り合い交際開始。出国命令で帰国後に結婚したケース。

(2008年 東京入管)

 

研修生として来日していたときに知り合い、研修終了後に中国で結婚。その1か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、2週間で交付されたケース。

(2008年 横浜入管)

 

留学中にアルバイト先の上司と交際結婚。在留状況不良のためいったん帰国して在留資格認定証明書の申請を行い、8週間で交付されたケース。

(2008年 横浜入管)

 

出国命令により帰国。結婚後、在留資格認定証明書の申請を行い、3か月で交付されたケース。

(2008年 横浜入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、1回目の対面で結婚。本人申請で不許可。結婚から2年後に弊事務所で在留資格認定証明書の申請を行い、5週間で交付されたケース。

(2009年 横浜入管)

 

紹介者を通じて知り合い4か月の交際を経て結婚。在留状況不良のためいったん帰国して在留資格認定証明書の申請を行い、6週間で交付されたケース。

(2009年 横浜入管)

 

中国料理の修行中に中国で知り合い交際開始。結婚から3年後に在留資格認定証明書の申請を行い、交付されたケース。

(2009年 広島入管)

 

紹介者を通じて知り合い、2回目の対面で結婚。その6か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、2か月で交付されたケース。前婚での申請で何度も不許可になり、同居できずに離婚をしている。

(2009年 東京入管)

 

研修生として来日していたときに知り合い、研修終了後に中国で結婚。その1か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、2週間で交付されたケース。

(2010年 横浜入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、3年間の交際を経て結婚。在留資格認定証明書の申請を行い、1か月で交付されたケース。30歳以上の年齢差。

(2010年 東京入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、1回目の対面で結婚。本人申請で何度も不許可。在留資格認定証明書の申請を行い、3か月で交付されたケース。

(2010年 東京入管)

 

4年間の交際を経て結婚。退去歴1回。2回目の申請で在留資格認定証明書交付。

(2010年 横浜入管)

 

研修生として来日していたときに知り合い、研修終了後に中国で結婚。その1か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、2週間で交付されたケース。

(2011年 横浜入管)

 

大学在学中に知り合い、卒業時に結婚。、申請から10日で在留資格の変更許可。

(2011年 横浜入管)

 

大学を退学後に行っていたアルバイト先で知り合う。出国から7か月後に在留資格認定証明書が許可されたケース。

(2011年 東京入管)

 

出張時の通訳と結婚。交際1年。30歳以上の年齢差。その1か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、2か月で交付されたケース。

(2011年 東京入管)

 

友人の紹介で知り合い、2回目の対面で結婚。その1か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、3週間で交付されたケース。

(2011年 横浜入管)

 

紹介により知り合い、交際2か月後に結婚。その1か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、10日で交付されたケース。

(2012年 横浜入管)

 

取引先の従業員と結婚、申請から10日で在留資格の変更許可。

(2012年 東京入管)

 

結婚紹介所を通じて知り合い、1年の交際を経て結婚。申請から1か月で在留資格の変更許可。

(2012年 横浜入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、3回目の対面で結婚。在留資格認定証明書の申請を行い、1か月で交付されたケース。25歳の年齢差。

(2012年 東京入管)

 

出張時の通訳と結婚。交際1年。その1か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、5週間で交付されたケース。

(2012年 東京入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、2回目の対面で結婚。その1か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、10日で交付されたケース。

(2013年 横浜入管)

 

紹介者を通じて知り合い、9か月の交際を経て結婚。在留資格認定証明書の申請を行い、1か月で交付されたケース。

(2013年 東京入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、初対面の2日後に結婚。本人申請で不許可。弊事務所で在留資格認定証明書の申請を行い、3週間で交付されたケース。

(2014年 仙台入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、2回目の対面で結婚。在留資格認定証明書が交付されるも、2回査証拒否。

(2014年 東京入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、4か月の交際を経て結婚。本人申請で何度も不許可。在留資格認定証明書の申請を行い、2か月で交付されたケース。

(2014年 東京入管)

 

 

紹介者を通じて知り合い、2回目の対面で結婚。前婚での申請で何度も不許可になり、同居できずに離婚をしている。

(2014年 広島入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、4か月の交際を経て結婚。在留資格認定証明書の申請を行い、5週間で交付されたケース。

(2014年 横浜入管)

 

アルバイト先で知り合い、5か月の交際を経て結婚。留学中の在留況がよくなかったが、自己申告をして在留資格の変更が許可されたケース。

(2014年 東京入管)

 

インターネットサイトを通じて知り合い、2回目の対面で結婚。本人申請で不許可。在留資格認定証明書の申請を行い、3週間で交付されたケース。

(2014年 東京入管)

 

中国に駐在中に知り合った女性と2か月後に結婚、その2か月後に在留資格認定証明書の申請を行い、10日で交付されたケース。

(2014年 横浜入管)

 

結婚紹介所を通じて知り合い、2か月の交際を経て結婚。在留資格認定証明書が交付されるも、2回査証拒否。

(2015年 東京入管)

 

紹介者を通じて知り合い、2週間後に結婚。留資格認定証明書の申請を行い、1か月で交付されたケース。

(2015年 東京入管) 

 

出張中に知り合い、7年の交際を経て結婚。在留資格認定証明書の申請を行い、10日で交付されたケース。

(2015年 横浜入管)

 

中国駐在中に知り合い、6か月の交際を経て結婚。在留資格認定証明書の申請を行い、2週間で交付されたケース。

(2015年 横浜入管)

 

留学生として来日中に知り合い交際開始。その後、出国命令で帰国。中国で結婚後、在留資格認定証明書の申請を行い、4週間で交付されたケース。

(2016年 横浜入管)

 

旅行先のサイパンで知り合い中国で結婚。在留資格認定証明書の申請を行い、5週間で交付されたケース。

(2016年 東京入管)


 弊社でのご相談は、予約制 有料となっております。

 

お電話、またはメールでご相談のご予約をお願いします。

土曜日のご予約は、前日までにお願いします。

 

【面談相談】   

横浜事務所 相談料 1時間 5,400円 (予約制) 

 

営業時間

面談相談は  月-金 10:00~20:00 土 10:00~15:00 

お電話は   月-金 10:00~18:00

電話での相談予約

電話番号 045-222-8533

電話受付時間 月-金 10:00~18:00

 お電話の際には、「相談の予約」とお伝えいただき、

 ・ ご希望の相談日時

 ・ お客様のお名前、電話番号

 ・ 相談の内容(概要で結構です)

 を、あわせてお伝えください。

メールでの相談予約

メモ: * は入力必須項目です


行政書士みなと国際事務所

〒231-0004 横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル7F 電話045-222-8533