インドネシア人との結婚

インドネシアで結婚手続きを行う場合

「婚姻要件具備証明書」の入手

 インドネシアの日本国大使館(日本国総領事館)で申請し、交付を受けて下さい。

 

 必要書類(いずれも日本国籍者のもの)

 

 戸籍謄(抄)本 1通(原本 ただし申請日前3か月以内に発行されたもの)

 パスポート(原本)

 手数料 

 

 手続

 

 上記必要書類を、ご本人(日本国籍者)が持参の上、領事部窓口にて申請して下さい。

 

申請日の翌開館日の午後以降に証明書を交付いたします。

インドネシアでの婚姻手続

 イスラム方式の婚姻の場合には居住地の宗教事務所(K.U.A)で、また非イスラム式の婚姻の場合は居住地の民事登録事務所( Kantor Catatan Sipil )にて、婚姻されるインドネシア国籍者とともに婚姻手続を行った後、婚姻証明書(イスラム方式の場合は BUKU NIKAH 、非イスラム方式の場合には AKTA PERKAWINAN )の交付を受けることになります。

 

 この手続を行う際に、通常、上記(1)の「婚姻要件具備証明書」を必要としますが、その他の必要書類等については、手続を行う各々の事務所にお尋ね下さい。

日本側への婚姻届提出

 

 日本の市区町村役場(または日本大使館)へ提出します。
  • 婚姻届
  • 婚姻証明書(AKTA PERKAWINAN または BUKU NIKAH)原本と日本語訳
  •  インドネシア国籍者当事者の国籍及び氏名を立証する公的書類・・・(AKTA KELAHIRAN(出生登録証明書)等)の原本と日本語訳

日本で結婚手続きを行う場合

 Penyelenggaraan Pernikahan Islam KBRI Tokyo

Persayaratan Nikah Islam Kepenghuluan KBRI-Tokyo

 

Untuk Laki-laki/perempuan WNI :

 

passport

Formulir Form N1, N2, N3, dan N4 dari kantor keluarahan di Indonesia sesuai KTP:

Catatan :

N1 = Surat Keterangan untuk Nikah
N2 = Surat Keterangan Asal-Usul
 N3 = Surat Persetujuan Mempelai
 N4 = Surat Keterangan untuk Nikah

Akte lahir/KK

Surat Ijin dari orang tua

Surat Kuasa dari orang tua ke Penghulu KBRI (untuk perempuan)

Pas photo ukuran 2×3 = 2 lembar

Untuk laki-laki/Perempuan WN-Jepang /WNA lainnya :

 

Passport

Kartu Keluarga/ Koseki Tohon (戸籍謄本)

Surat ijin dari orang tua (両親の承諾証)

Surat kuasa dari orang tua ke Penghulu KBRI (wali nikah khusus perempuan 両親からの 承諾書(父)

Khusus untuk warga negara asing diluar WN Jepang :

Surat Belum Nikah (Unmarried Certificate) yang dikeluarkan oleh pemerintah setempat dimana ia berdomisili di negaranya dan harus dilegalisasi oleh Kedutaan Negaranya di Jepang.

Pas photo ukuran 2×3 = 2 lembar

 

Surat Pengantar Nikah / Kekkon Gubi Syomeisyo

 

A. Mengisi Formulir untuk Surat Pengantar Nikah

B.Persyaratan

Untuk Warga Negara Indonesia Laki-laki / Perempuan :

 

N1 = Surat Keterangan untuk Nikah

N2 = Surat Keterangan Asal-Usul

N3 = Surat Persetujuan Mempelai

N4 = Surat Keterangan untuk Nikah

yang dikeluarkan oleh KELURAHAN di Indonesia

Fotokopi Akte Kelahiran (Shussei Shomeisho)

Surat Keterangan Belum Kawin (Dokushin Shomeisho)

Surat Ijin Orang Tua (Ryoshin Shodakusho)/ keluarga (+materai)

Fotokopi Kartu Keluarga (Kazoku Shomeisho)

Fotokopi Paspor (Pasupo-to)

Fotokopi KTP (Kartu Tanda Penduduk)/ Allien Registration Card / Stay Permit

Card.

Pas Photo ukuran 3×4 sebanyak 2 lembar (Shashin) berwarna (background/latar putih)

Untuk Warga Negara Jepang Laki-laki / Perempuan :

 

Surat Keterangan Belum Pernah Menikah / Dokushin

Syomeisyo dari Kelurahan

Bagi yang sudah Pernah Menikah Surat Keterangan

Perceraian / Acceptance of Divorce (Rikon Jyuri

Syomeisyo) dari Kelurahan

Surat Ijin dari Orangtua atau keluarga / Ryoshin no

Syodakusyo

Koseki Tohon

Juminhyo

Foto copy paspor

Pas foto 2 lembar (3x4cm) berwarna (background:putih)

再婚禁止期間について(インドネシア統一婚姻法)

 ・ 前夫の死亡により婚姻が解消した場合は、待婚期間は130日

・ 離婚により婚姻が解消した場合は、原則として90日

民法の一部を改正する法律(再婚禁止期間の短縮等)の施行に伴う戸籍事務の取扱い

  平成28年6月1日,民法の一部を改正する法律が成立し,女性の再婚禁止期間が前婚の解消又は取消しの日から起算して100日に短縮されるとともに,再婚禁止期間内でも再婚することができる場合について明らかにされました(平成28年6月7日公布・施行)。

 

民法の改正の概要

 

1 女性に係る再婚禁止期間を前婚の解消又は取消しの日から起算して100日としました。

2 女性が前婚の解消若しくは取消しの時に懐胎(妊娠)していなかった場合又は女性が前婚の解消若しくは取消しの後に出産した場合には再婚禁止期間の規定を適用しないこととしました。

 

※ ただし、インドネシア統一婚姻法の待婚期間が経過していなければ再婚できません。

在留資格認定証明書交付申請

 来日するために必要な最初の手続きです。

 

 配偶者として日本に入国する場合には、入国前に外国にある日本大使館等(在外公館)でビザ(査証)を取得しなければなりませんが、まず、在外公館への申請の前に、入国管理局で「在留資格認定証明書」を取得しなければなりません。

 入国管理局への申請は、日本人配偶者が、外国人配偶者の代理人として手続きを行います。

 

みなと国際事務所が手続きを代行します。

 

 入国管理局は、外国人に対し在留を許可するとともに、不法入国者や不法滞在者を取り締まる業務を行っている官庁です。

在留資格認定証明書の申請審査では、法律上の婚姻が成立しているかどうかは当然、実態を伴った結婚かどうか、外国人に不法入国の意図がないかどうかなどについても調査が行われます。

 

 外国人の方ご本人の日本入国の適格性の審査でもあるため、事情や経緯(過去に退去歴があるなど)によっては、本当の結婚であっても、在留資格認定証明書が交付されないこともあります。


 ご相談にいらっしゃれば、このようなお話をします。

  • 国際結婚の手続きについて・・・国際結婚の手続きは、お相手の方の国籍、婚姻の手続きを行う場所、婚姻歴の有無などにより異なります。細かい提出書類の種類・部数などは婚姻挙行地機関に直接お問い合わせいただくことをお勧めしていますが、手続きの概要、婚姻手続きを行う場合の注意点をお話しています。
  • 入国管理局への手続きについて・・・外国人配偶者の方が日本で生活するために必要な配偶者ビザの手続きについて、プロの行政書士が適法かつ迅速な方法をアドバイスいたします。ご夫婦のご結婚までの経緯や、外国人配偶者の方の経歴などをもとに、それぞれのお客様に必要なアドバイスをいたします。また、問題を抱えておられる方に対しては救済方法をアドバイスします。
  • 結婚手続きと配偶者ビザの取得手続きは、まったく別の手続きです。結婚手続きをしても、自動的にビザが許可されるわけではありません。
  • 不法滞在・退去強制手続きについて・・・日本に不法に滞在している(オーバーステイ・不法入国)外国人の方との国際結婚手続き・配偶者ビザ取得の方法(在留特別許可)、出国命令や退去強制手続きで帰国している外国人配偶者の早期呼び寄せ(上陸特別許可)について、適法な方法をアドバイスします。
  • 在留期間の更新永住資格の取得日本国籍の取得(帰化申請)について・・・配偶者ビザの更新、永住許可の取得の要件や可能性、帰化申請について法務局での手続きや必要書類等をアドバイスします。
  • ご依頼いただいた場合のお見積り額・・・依頼するかどうかは、見積もりを見てから、家に帰ってゆっくり検討していただいてかまいません。

 5,400円のご相談料をいただいています申し訳ございませんが無料相談・電話やメールでの相談は、行っておりません。しかし、相談料に見合った、貴重な情報やノウハウを提供しています。ご相談に対応できなかった場合には、相談料はいただきませんので、安心しておいでください。
 横浜事務所へのアクセス


〒231-0004 神奈川県横浜市中区元浜町3丁目21番地2 ヘリオス関内ビル7F

 みなとみらい線「馬車道」駅6番出口 徒歩3分
  渋谷から 東急東横線 「元町中華街」行き

  みなとみらい線路線案内(横浜高速鉄道HP)

 JR根岸線「関内」駅北口 徒歩7分 京浜東北線に接続
  横浜駅で乗り替え 東海道線総武・横須賀線横浜線 京浜急行線

 横浜市営地下鉄「関内」駅 徒歩5分

事務所所在地 

 

  神奈川県横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル7F

 

最寄り駅 

 

  みなとみらい線「馬車道」駅 6番出口

  みなとみらい線路線案内(横浜高速鉄道HP)

 弊社でのご相談は、予約制 有料となっております。

 

お電話、またはメールでご相談のご予約をお願いします。

土曜日のご予約は、前日までにお願いします。

 

【面談相談】   

横浜事務所 相談料 1時間 5,400円 (予約制) 

 

営業時間

面談相談は  月-金 10:00~20:00 土 10:00~15:00 

お電話は   月-金 10:00~18:00

電話での相談予約

電話番号 045-222-8533

電話受付時間 月-金 10:00~18:00

 お電話の際には、「相談の予約」とお伝えいただき、

 ・ ご希望の相談日時

 ・ お客様のお名前、電話番号

 ・ 相談の内容(概要で結構です)

 を、あわせてお伝えください。

メールでの相談予約

メモ: * は入力必須項目です

インターネットでのご予約

クービック予約システムから予約する

行政書士みなと国際事務所

〒231-0004 横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル7F 電話045-222-8533